100円・300円ショップのシンプル生活

100円ショップ・300円ショップを中心に、整理・収納、アレンジなど、日常で使ったアイテムをブログに書いてます。

*

子ども服収納・引き出し編【ダイソー】

      2015/10/28

先日記事にした、子ども服の収納の写真。
下段
収納は無印の定番“ポリプロピレン収納ケース”。引き出しの左側は娘、右側は息子の服が入っています。

夏の終わり頃の引き出しの中身です。こちらは息子のトップスを入れた引き出し。ダイソーのカゴを2個入れ、くるくる丸めた服を並べています。
123
①半袖のカゴ。
②「使うかも?アイテム」スペース
③長袖のカゴ。
真ん中の「使うかも?アイテム」は、夏なら水着、冬ならニット系小物やベストなど。
サイズがわずかに大きい、日常使いには向かない、息子が嫌がってあまり着ないなど、シーズン中なのに使用頻度が低いと感じた物も全てここへ。
忙しい平日の朝は、手前のカゴだけ見て服を選びます。
ちなみに娘は毎朝、自分で服を選びます。息子もすぐそうなるんだろうな…ちょっと寂しいです(._.)

気温が下がり、夏服→秋服へ替える時期のプチ衣替え。
312
奥のカゴを手前にし、あとは奥にスライドさせただけです。季節の変わり目は日によって気温が変わるので、長袖・半袖を同じ引き出しにまとめてあります。
引き出しのサイズ的にカゴ3個が入りますが、2個しか入れません。「使うかも?アイテム」のスペースを空けて置くことで、なんでも入る、とりあえずの置き場所を作っておきます。

大カゴ2個
季節の変わり目や旅行で年中使うパーカーは、引き出し上にのせたA4サイズのカゴ(右側)の中へ。
以前の記事に書いた「外出セット」です→http://100yenshop.net/post-64/

扉開けた
さらに寒くなったら、引き出し上部のナイロンバッグからダウンベストを出すだけ。
こちらも前記事に→http://100yenshop.net/post-142/
その後は来年の春まで、収納の変更はありません。

まだ子どもが一人だった頃、季節ごとにきっちり衣替えをし、「今日はまた暑くなった!」と一度しまった半袖をひっぱり出していました。
気温の違う場所へ旅行に行くときは、子ども服の準備がストレスだった事もあります…。
子どもが2人になってからは収納も衣替えも簡単に。そのためにも子ども服を買う際は「本当に使うものだけ」と気をつけています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 - ダイソー, 収納 , , , , , , , , , , , , ,